• ホーム
  • 講習会案内[講習会最新情報]

講習会最新情報

機械安全をきちんと学びたい方の講習会です。

● 機械設計者,電気・制御技術者,高度な専門技術者のための国内で最も実績のある機械安全の講習会(セミナー)。
● 機械安全の原理から国際規格に基づく設計,妥当性確認まで,安全技術普及会のベテラン講師がわかりやすく解説。
● 厚生労働省通達「設計技術者、生産技術管理者に対する機械安全に係わる教育について」(平26.4.15基安発0415第3号)にも準拠。

  • 生産技術管理者,機械ユーザの安全担当者
    「機械安全講習会Dコース」(D1,D2の各講習,計15時間)をお薦めします。
  • 機械設計者
    「機械安全講習会Cコース」(C1,C2,C3,C4の各講習受講,計30時間)をお薦めします。あわせて「機械安全講習会Bコース」(B1,B2の各講習,計12時間)もお薦めします。
  • 電気・制御技術者
    「機械安全講習会Cコース」(計30時間)と「機械安全講習会Bコース」(B1:電気安全,B2:制御・機能安全の各講習,計12時間)をお薦めします。
  • 「機械安全講習Aコース」(A1,A2,A3,A4,A5)
    より専門的な上級のコースとして設定しています。厚生労働省の通達には含まれていません。
  • B2講習会
    制御システムの安全関連部,すなわちISO 13849-1が定める要求安全機能(PLr)やIEC 61508の要求安全度水準(SIL)の基本を学びます。詳細は、A4「制御安全(上級)(ISO 13849-1)」講習で学びます。
  • セーフティサブアセッサ(SSA)の受験を考えている方
    「機械安全講習会Cコース」(C1,C2,C3,C4の各講習受講)計30時間と、「機械安全講習会Bコース」のB1(電気安全)講習会6時間の受講をお薦めします。
  • セーフティアセッサ(SA)の受験を考えている方および機械安全を基礎から専門領域まで学びたい方
    「機械安全講習会Cコース」(4日),「機械安全講習会Bコース」(2日)および「機械安全講習会Aコース」(5日)の計72時間・11日間をお薦めします。
  • 2018年開催の一般講習会と2017年まで実施の一般講習会との比較、対応は
      こちらをご覧ください。→ 詳細

1.受講申し込み受付中の講習会

日程に変更はありませんので、8月〜11月の講習会の申込みも受付ています。
講習会名 開催日 地域
A3「リスク低減と災害事例」 講習会 5月16日(水) 大阪
A4「制御安全(上級)(ISO 13849-1)」講習会 5月21日(月) 東京
B1「電気安全規格(IEC 60204-1(JIS B 9960-1))」講習会 5月23日(水) 大阪
B2「制御システムの安全関連部(ISO 13849-1(JIS B 9705-1))」講習会 5月25日(金) 名古屋
B2「制御システムの安全関連部(ISO 13849-1(JIS B 9705-1))」講習会 6月6日(水) 大阪
C1「国内機械安全関連法令、技術者倫理、機械安全原則」 講習会 6月11日(月) 東京
C2「機械安全原則、リスクアセスメント」 講習会 6月12日(火) 東京
C1「国内機械安全関連法令、技術者倫理、機械安全原則」 講習会 6月25日(月) 名古屋
C3「リスクアセスメントとリスク低減と使用上の情報」 講習会 7月4日(水) 大阪
C3「リスクアセスメントとリスク低減と使用上の情報」 講習会 7月5日(木) 東京
C4「リスクアセスメントとリスク低減と使用上の情報」 講習会 7月6日(金) 東京
A1「安全基礎工学」 講習会 7月11日(水) 東京
A4「制御安全(上級)(ISO13849-1)」講習会 7月18日(水) 大阪
C2「機械安全原則、リスクアセスメント」 講習会 7月20日(金) 名古屋
C4「リスクアセスメントとリスク低減と使用上の情報」 講習会 8月1日(水) 大阪
C3「リスクアセスメントとリスク低減と使用上の情報」 講習会 9月20日(木) 名古屋
C4「リスクアセスメントとリスク低減と使用上の情報」 講習会 9月21日(金) 名古屋
2.開催場所
講習会は、東京(大井町)、大阪(梅田)、名古屋で開催します。具体的な開催場所は講習会最新情報または2ヶ月前頃に安全技術応用研究会会員宛に送付致しますご案内プログラムをご覧願います。概ね開催場所としているのは以下の通りです。
3.受講費用
講習会参加費用は会員様¥16,200円(税込)、一般21,600円(税込)です。
※受講費は受講日の1週間前までに銀行振込にてお支払いください。
※万一、お振り込みが遅れる場合は、お手数ですが事務局までご一報ください。
4.申込要領

■受講申込方法

連絡担当者(もしくは参加者本人)は、「受講申込書」に必須事項(太線枠内)をご記入のうえ、事務局までFAX又は申込用紙(word)をメール添付で送ってください。ただし、急を要する場合は電話連絡でも受け付けさせていただきます。

受講申込方法
矢印

■受講票の送付

FAXいただきました「受講申込書」の記載事項を確認した後、
折り返し「受講票」を連絡担当者(もしくは参加者本人)に送付いたします。受講当日はこの受講票をご持参ください。

受講票の送付
矢印

■受講費

受講費は受講日の一週間前までに銀行振込にてお支払いください。
「受講申込書」に振込日をご記入ください。
万一、お振込が遅れる場合は、お手数ですが事務局までご一報ください。

参加費
矢印

■受講取消時の連絡

受講取消時の連絡

お申し込み後、ご都合により参加できなくなった場合は、速やかにご連絡ください。開催日5日までにご連絡をいただいた場合は、
振込手数料を引いた金額を返却いたします。それ以降の場合は返却いたしませんのでご承知ください。