• ホーム
  • 活動内容[普及会開催行事と協賛関連行事]

普及会開催行事

■ 2017年(平成29年)の講習会等の開催状況

講習会等の名称 内容
一般公開講習会
(12講座)など
東京、大阪、名古屋の会場で12講座の講習会を開催した。 リニューアルした講習カリキュラムとして機械安全講習会(Cコース)、機械安全講習会(Dコース)を実施した。 延べ64回3,044人に対し講習実施
能力審査試験 12月に機械安全エンジニアA(MSE-A)、機械安全エンジニアD(MSE-D)を実施した。
企業内講習会 8社2,026人に対し講習実施。

※ Cコースは、厚生労働省通達の「設計技術者に対する機械安全教育カリキュラム」30時間に対応しています。また、Dコースは、同通達の「生産技術管理者に対する機械安全教育カリキュラム」15時間に対応しています。

協賛関連行事

■ 2017年(平成29年)

日刊工業新聞社の「機械設計」2017年11月号の特集「グローバルに通用する設計を!安全な生産現場を実現する設備設計のポイント」に記事の提供で協力した。

■ 2017年(平成29年)7月5日

日本学術会議主催の安全工学シンポジュームのOS (Organized Session)に参加しました。講演の演題と発表者は次の通りです。

・機械の安全とはどのような状態か 清水尚憲、労働安全衛生総合研究所
・現場でのリスクアセスメントの重要性 森 雅樹、アイシン・エィ・ダブリュ(株)
・機械安全における安全確認型システム・危険検出型システム 畑 幸男(一社)安全技術普及会
・確定的安全と確率的安全、石原立憲、安全技術応用研究会
・座長 森山 哲(一社)安全技術普及会

■ 2017年(平成29年)7月7日

日本学術会議主催の安全工学シンポジュームのPD (Panel Discussion)に参加しました。

・テーマは「今求められている技術者向け機械安全の教育。」

・座長  : 福田 隆文 長岡技術大学教授、安全技術応用研究会会長
・パネラー: 清水 尚憲 労働安全衛生総合研究所、安全技術応用研究会理事
岩岡 和幸 王子ネピア株式会社
増田 義典 YKK株式会社
佐藤 国仁 技術士(機械部門)、有限会社佐藤R&D代表取締役